身体障害の福祉に関する法律

病気や怪我で身体障害になったとき、これからの生活はどうなるのか。その場合、生活を支える福祉関係の法律や福祉制度はいろいろあります。さまざまなサービスや税金の減免、交通機関の割引などもあります。家で生活するためのサービスを受けるためには相談支援専門員に計画をたててもらい、サービスを受けることもできます。ですが、このときに注意しなければいけない事があります。それはなにかを使いたいと思ったら、必ず自分から申請をしなければいけないことです。どんなにサービスが必要でも申請をしなければ受けることはできません。自分から相談しない限り自治体からすすめることはありません。入院しているときは病院のケースワーカー、家にいるなら自治体に自分(家族)から相談すること。これが一番大事です。

身体障害者と健常者でスポーツ

身体障害者は障害手帳を持っていることで、様々な福祉施設を利用することができます。福祉施設にはデイケアーサービスやスポーツ施設などがありますが、各都道府県によって異なりますが、割引や無料で利用することが可能です。スポーツ施設は健常者でも利用ができますが、車いすを使っている障害者でも利用ができるようにバリアフリーになっています。スポーツ施設では障害者と健常者が一緒にスポーツを楽しむことができ、障害者が安全にスポーツを楽しむことができるように、スポーツ施設の職員が常に監視しています。これによって、安心してスポーツを楽しむことができます。

福祉と身体障害の情報

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 福祉とデイサービスについて All rights reserved