介護保険制度と福祉用具レンタル

介護サービスは、寝たきりや認知症などによって常に介助や支援を必要とする状態の者、特定疾病にかかっている者が利用出来るものです。これに該当すれば、身体障害者もサービスを受けられる対象となります。しかし、障害者施策においてのサービスも継続して受けていくことが出来ます。福祉用具の貸与についてもどちらも利用出来ますが、個別に対応が難しい場合もあるので、福祉用具レンタルで対応出来ない範囲であれば、補 装具給付制度で対応するものとされています。日常生活用具についてはどちらも既製品で個別に適合を図る必要がないので、介護保険での貸与や購入費支給の対象となります。

身体障害手帳は福祉課で交付

身体障害者は障害手帳を持っていますが、障害手帳は区役所や市役所などの福祉課へ相談することから始まります。福祉課に相談後をしても簡単な手続きのみで障害手帳を交付することができるのではなくて、医師の診断書が必要です。身体の障害の度合いによって様々な級が決められますが、これも、医師の診断書の内容で決まってきます。身体障害者は身体に関わる障害を持っている人なので、場合によっては車いすが必要な場合もあるでしょう。障害手帳を交付することによって様々なメリットを生むことができます。公共交通機関が割引になったりしますが、各都道府県によって異なります。

福祉と身体障害の情報

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 福祉とデイサービスについて All rights reserved