身体障害者福祉とデイサービス

デイサービスは通所サービスの一つであり、身体障害がある人や高齢者が福祉施設に通って一日を過ごします。施設では入浴サービスや食事サービス、レクリエーション、機能訓練などが提供され、日常的な健康管理やリハビリテーションなどを行なうことが出来ます。家族の介護負担を軽減する役割も果たしており、利用中は仕事を行ったり、外出して買い物を楽しんだりすることができます。福祉施設の入所サービスが不足している状況であることから、今後は在宅での介護が中心となると考えられています。デイサービスは在宅介護を支える為に重要なサービスです。

身体障害の種類やサービス

身体障害とは生まれつきもしくは事故や病気などで身体機能の一部に障害を生じている状態を指します。具体的な種類としては、肢体不自由(手や足が脳の障害で動かなくなったり、事故や病気で手や足の一部がなくなってしまった状態)、視覚障害、聴覚障害など様々なものがあります。これらの障害を持つ人は、障害福祉サービスという福祉サービスを受けることが可能となる他、JRやバスなどの乗り物に乗る際に割引制度があります。また、意外と知られていませんが映画の料金なども割引される場合があります。各種サービスや割引制度を利用する場合には身体障害者手帳の提示が条件となっている場合が多いです。自分が受けられるサービスをしっかりと把握して、活用していきたいものですね。

福祉と身体障害の情報

新着情報

↑PAGE TOP

Copyright © 福祉とデイサービスについて All rights reserved